Excel2016において、数式バーの文字が本文のフォントに比べて細く、見づらいと感じる場合の対処方法について解説します。

Office2016の導入後、旧バージョンのExcelで作成したファイルを編集していて、違和感を覚えたことはないですか?

Excel2016の初期設定では、セルに入力した文字列が表示される“数式バー”の表示は、こんな感じです。

数式バー

本文のフォントに比べて字体が細く、色も薄くかすれたように表示されていると思います。この原因については後述するとして、ひとまずExcel2013と同じように表示されるための設定方法をご案内します。

数式バーの表示を見やすくする設定手順

まずは、メニューバーから[ファイル]をクリックします。

ファイル

次に、一番下にある[オプション]を選択。

オプション

[基本設定]-「新しいブックの作成時」に「次を既定フォントとして使用(N)」という項目があります。

本文のフォント

デフォルト(初期設定)では[本文のフォント]が選択されています。これを「MS Pゴシック」に変更します。

MS_Pゴシック

変更したら右下の[OK]ボタンで終了します。

再起動

メッセージにしたがって、Excelを再起動します。閉じて、また開く。PCの再起動ではありませんので念のため。

最初と同じように数式バーの表示を確認してみると…

数式バーアフター

無事、本文と同じような表示に変わりました。

数式バーの文字が薄く表示される原因

Office2016では、デフォルトのフォントとして「游(ゆう)ゴシック」が採用されています(Word2016は「游明朝」)。Windows10のシステムフォントと一緒ですね。

游ゴシックの中でも細字から太字まで4段階にわかれていて、Windowsにおいてはデフォルトで“細字”で表示される仕様になっている、ということのようです。

これが、初期状態の数式バーなどが見づらく表示されてしまう原因です。ちなみに、Macでの表示はWindowsとは異なり、やや太めの表示が基本となっているようです。

ですから、游ゴシックというフォント自体が見づらいわけではない(むしろとても美しいフォントだと思う)ので、フォントを活かしつつ、設定を調整して使うのがいいと思います。

かくいう、うちのブログ本文のフォントも游ゴシックです。これにはブログ側で表示が太くなるように調整をかけているため、くっきりと表示されている(はず)です。

ちなみに、Windows7以前のPCに游ゴシックは内蔵されていないため、その場合は「メイリオ」など別のフォントで表示されているはずです。また、Mac向けには「ヒラギノ角ゴシック Pro」を設定しています。

・・・・・

今回の手順では、Excel2013のデフォルトフォントである「MS Pゴシック」を既定のフォントとして設定しました。

これについても、一度お好みで他のフォントを試してみることをオススメします。例えばWindows7等のシステムフォントだった「メイリオ」など、より馴染みのあるフォントが見つかるかもしれませんよ。

「サラリーマン」カテゴリ参加中!

↑この記事いいね!と思ったらクリックお願いします。