日差し

7月2週目に入ってからというもの、遅れてきたルーキーよろしく、北海道では真夏日が続いております。

冬の寒さにはめっぽう強い道産子も、夏に対する耐性はいまだに備わっておらず…正直参ってます。

北海道の各施設では、空調設備も貧弱なことが多いです。そもそも本州ほどの暑さを想定してませんし、どちらにも居住経験のある事務リーダーからすると、実際に体感温度では北海道の方が涼しいと思いますしね。なにより湿度が違うのが大きい。

とはいっても、ここの所の道内の一部で観測された暑さは、気温だけで言えば全国的にも上位にランクインするほどらしいですが。冬は寒く夏は暑い、道内の盆地のみなさま、なにとぞご自愛ください。

熱中症予防対策の緊急要請について

そんなこんなで、管轄の労働基準監督署より『熱中症予防対策の緊急要請について』と題した、号外的な通知が届きました。

「署管内で熱中症の労働災害が発生。熱中症の疑いがある場合には速やかに救急隊に要請するように!」とのことです。

熱中症と思われる症状や異常が認められる場合は、迷わず病院に連絡を。主な症状等は次の通りです。

熱中症の主な症状

熱中症の兆候や主な症状には、次のようなものがあります。

  • めまいや立ちくらみ、顔のほてり
  • 筋肉痛や筋肉のけいれん
  • 体がだるい、吐き気、頭痛
  • 汗のかき方がおかしい(汗の出過ぎ、もしくはまったく出ない)
  • 体温が高い、皮膚の異常(赤く乾いているなど)
  • 呼びかけに無反応、返答がおかしい
  • 体が震える、まっすぐ歩けない
  • 自分で水分補給ができない

ひとつでも当てはまれば要注意です。

熱中症対策の参考指標“WBGT値”

労働基準監督署では『STOP!熱中症 クールワークキャンペーン』と題して、熱中症の予防対策を呼びかけるチラシを配布しています。

MX-2310F_20170714_130818-1

作業環境の管理、作業内容の管理において重要となるのが“WBGT値(暑さ指数)”という指標です。

暑さ対策の一環として、その日の「最高気温の高さ」を元に注意喚起を促すことがあると思います。しかし、こと熱中症の対策としてはそれでは不十分です。

「気温」は熱中症に大きな影響のある要素のひとつですが、その他に忘れてはならないのが「湿度」と「日射しなどの周辺の熱環境」です。

環境省では、それらの3要素を総合的に判断できる指標として上記のWBGT値を挙げ、熱中症対策を呼びかけています。

暑さ指数(=WBGT値)とは?(環境省サイトより)

環境省の熱中症予防サイトによるWBGT値の説明は次の通りです。

暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標です。

たとえ外気温が多少高くても、人体が体温を放出しやすいような環境を維持することができれば、熱中症にはなりづらいと言えます。

逆もまたしかり。それほど高くない気温であっても、湿度の高さや日差しの強さ、照り返し、地面の温度など、他の要素によって体温の放出が妨げられれば、熱は体にこもり、熱中症を引き起こす要因になってしまいます。

熱中症対策は気温ではなく“WBGT値”で判断しましょう。

WBGT値の実況と予測については、環境省の『熱中症予防情報サイト』で毎日更新されています。

『熱中症予防情報サイト(環境省)』

屋内作業が基本の事務員とはいえ、労働災害等の情報提供は大事な仕事。

労災の発生は会社に大きな損害を与えると共に、事務員にも余計な仕事をがっつりと運んできます。経験上、いろんな意味でやりたくない仕事の上位ですね、あれは。

職場のためにも自分のためにも、予防に越したことはありません!ひとつの参考にしてください。

「サラリーマン」カテゴリ参加中!

↑この記事いいね!と思ったらクリックお願いします。