アプリイメージ

エクセルでマクロを利用するために欠かせない[開発]タブ。元の状態では非表示となっており、そのままでは使えないので、その表示手順についてご説明します。

使用した参考画像は、当サイトの記事『エクセルで紙の帳簿に印刷!便利なマクロボタン付き【アピカリーフ対応】』で紹介した仕入帳ファイルのものです。そちらの記事からダウンロードできるので、よかったら覗いてみてください。

マクロ設定の玄関口 “[開発]タブ”

エクセルの既定の状態では、マクロの編集や実行を行うための[開発]タブは表示されていません。

開発1

赤枠で囲まれたタブ群。初期状態では[開発]タブは並んでいません。オプション設定を変更することで使用できるようになります。

Excel2007ではオプションの[基本設定]内に「[開発]タブをリボンに表示する」というチェック項目がありました。Excel2010以降、そのチェック項目の場所が少し変更されています。

[開発]タブを表示させる手順は次の通りです。

[開発]タブの表示方法 Excel2010以降

まずは[ファイル]タブをクリックします。

開発2

次に、左のリストから[オプション]を選択。

開発3

そして[リボンのユーザー設定]をクリックします。

開発4

ここからリボンの配置をお好みで変更することができます。リボンとは…

開発リボン

この赤枠で囲まれた部分のことです。先ほどから「タブ」と呼んでいる部分は、それぞれのリボンの名前といえます。

リボンのユーザー設定(B)-メインタブに「開発」という項目があります。

開発5

既定ではチェックは空欄です。クリックして「開発」にチェックをいれます。

開発6

[OK]を押してオプション画面を終了します。

開発7

[開発]タブを表示させることができました。クリックして切り替えます。

開発8

これでマクロの記録や編集ができるようになりました。

リボンの表示・非表示を切り替える

ちなみに、参考画像では常に開いているリボンですが、非表示の状態に固定することもできます。

リボンたたむ

リボン右下の部分をクリックすると、リボンが折りたたまれます。

リボン収納

すっきり。作業領域が少し広くなるので、入力作業が続く時などはこうするのも手です。

ふたたびリボンを開いた状態で固定させるには、どれかタブを選んでリボンを表示させてから…

リボン留める

右下の押しピンマークをクリックすればOKです。リボンの固定と解除は、ショートカットキー【[Ctrl]+[F1]】でも行うことができます。

Excel 最強の教科書

最後に、いつも手元に置いて参考にしている書籍を一冊紹介します。

仕事でエクセルをよく使うなら↓この本!自分なりにそこそこ使いこなせているつもりでしたが…とんでもない。ミス軽減・時間短縮の具体的なテクニックが満載。オススメです。

「サラリーマン」カテゴリ参加中!

↑この記事いいね!と思ったらクリックお願いします。